お知らせ*

二祖上人七百年御遠忌記念大法要を厳修しました

 10月11日(金)から15日(火)、時宗総本山清浄光寺(遊行寺)にて二祖真教上人七百年御遠忌「大法要」を厳修いたしました。

 『なむあみだ佛はうれしきか』をスローガンに掲げて取り組んでまいりました記念法要の締めくくりとなった5日間の法要では、踊躍念佛儀、來迎讚、往生浄土和讃などをお勤めいたしました。いつもの法要とは一味違った時宗独自の聴きごたえある博士回しを感じられたのではないでしょうか。

 11日は長野県佐久市より跡部踊り念仏保存会、神奈川県相模原市より当麻双盤念仏講をお招きし、踊り念仏・双盤念仏を奉納していただきました。集まった参拝者の方々をはじめ、我々僧侶も念仏の世界に引き込まれ、非常に貴重な時間となりました。

 期間中には台風19号が首都圏を直撃した影響で、予定していた複数の団体参拝が中止となってしまいました。それでも、熱心な信徒の方々、周辺地域の方々のご参拝もあり、法主猊下による賦算数(お札配り)は5日間で合計827枚を数えました。

 最終日、結願法要をもって昨年9月の有縁の地法要(神戸・真光寺)から始まった二祖真教上人七百年御遠忌記念法要も無事に成満となりました。時宗は小さな宗派でありますが、一人一人が集結し束になることで、大きな成果を得られるという自信になりました。

 また、50年に一度の大きな事業を滞りなく修行してまいれたのは、宗内寺院をはじめとする、関係各所の方々の協力があってこそのものです。心より御礼申し上げます。

 

 尚、記念法要はすべて終了いたしましたが、御遠忌記念の特別展として『国宝一遍聖絵』や『遊行上人縁起絵』をはじめ全国の宗内寺院より貴重な文化財を取り揃えて展覧会は、遊行寺の境内にある宝物館を第1会場、横浜市の神奈川県立歴史博物館を第2会場として、引き続き11月10日まで開催しておりますので、是非お立ち寄りください。

 

11日 跡部 踊念仏・当麻 双盤念仏

          

12日 踊躍念佛儀

          

13日 來迎讚

          

15日 結願法要

           

                     

 

御本尊遷座法要を厳修しました

平成28年1月より修復を行っていた御本尊は約三年間の期間を経て無事修復が済み、昨年末にお戻りになられました。

修復に際しましては、宗内寺院をはじめ全国の檀信徒の皆様より多大なご寄付をいただきました。

修復された荘厳なお姿の御本尊は、より一層輝きを増しました。間違いなく、私たちの苦悩を除き救いへとお導きしていただけることでしょう。

去る4月21日には皆さまへのご報告として御本尊遷座法要を厳修しました。

寺院の団体参拝や地域の方々にご参拝をしていただき、法主猊下による御賦算は425枚を数えました。

たくさんのご参拝に心より感謝申し上げます。

 

  

 

 

  

 

 

 

 

「一遍聖絵と時宗の名宝」 京都国立博物館にて開催いたします

4月13日より京都市東山区の京都国立博物館にて「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」と題し、遊行寺が所蔵する「国宝 一遍聖絵(以下「聖絵」)全12巻」が一堂に展示される特別展が開催されます。宗祖一遍上人の生涯を描いた聖絵は鎌倉時代の一級品として知られ、美術品、史料として非常に価値が高い国内最古の絹本著色絵巻です。

この聖絵が関西で全巻公開されるのは実に17年ぶりとなり、約130mにも及ぶ絵巻物が一挙に公開されるのは、もしかしたら今回が最後になるのかもしれません。

また、聖絵の他にも、宗祖・二祖の関係や業績が描かれている紙本著色絵巻「遊行上人縁起絵」をはじめ、130点以上に及ぶ時宗の名宝が出典されます。

開催に先立ち12日には開会式があり、時宗宗務総長 桑原弘善、京都国立博物館の文化大使である女優の竹下景子さん、藤原紀香さんら関係者約580人が出席し、テープカットなどが行われました。

 

  

 

 

 

 

 

「有縁の地法要」が全て厳修されました

本七百年御遠忌では、真教上人が遊行された中でも特に所縁の深い4つの寺社を「有縁の地」と定め、総本山より会下一行が訪れ各地で法要を厳修いたしました。

真教上人にとって、真光寺(兵庫県神戸市)は法灯相続の地、来迎寺・氣比神宮(福井県敦賀市)は「遊行のお砂持ち」、無量光寺(神奈川県相模原市)は終焉の地など、布教の重要地という意味合いがあります。

また、氣比神宮での法要は青年僧を中心に御遠忌への機運を高めるべく、時宗青年会主催として「時宗青年会全国大会」が行われました。

各地での法要には多くの檀信徒の皆様がご参集、ご結縁くださり、御遠忌スローガン「なむあみだ佛はうれしきか」を体感していただいたことと存じます。

法要に際しては、主会場の寺社様はもとより、近隣教区御寺院様、檀信徒、関係団体の皆様より多大なる御協力を賜りました。改めて深く御礼申し上げます。

 

各法要の役配は以下の通りです。

9月16日 真光寺記念法要

大導師  遊行74代 他阿真円上人猊下
修領軒  桑原弘善
御番頭  大朏心山
相 番  小熊章久
布教師  三浦諒洸
内近司  常盤慈人
調 声  河野一眞

  

  

10月14日 来迎寺記念法要

大導師  遊行74代 他阿真円上人猊下
修領軒  東山心徹
御番頭  神田普照
相 番  舘野善道
布教師  井上誠子
内近司  米山義仁
調 声  林陽善

  

  

 

10月14日 時宗青年会全国大会(氣比神宮記念法要)

大導師  遊行74代 他阿真円上人猊下
修領軒  東山心徹
御番頭  神田普照
相 番  舘野善道
布教師  井上誠子
内近司  米山義仁
調 声  髙木灌照

 

  

 

3月27日 無量光寺記念法要

大導師  遊行74代 他阿真円上人猊下
 修領軒  桑原弘善
御番頭  小熊章久
相 番  髙谷大悟
布教師  矢島賢一
内近司  常盤慈人
調 声  米山義仁

  

  

二祖真教上人御廟所参拝を無事に厳修しました。

3月27日(水)春の暖かさが感じられる空の下、真教上人の御廟のある当麻無量光寺へ参拝いたしました。

無量光寺は真教上人が関東拠点として歳末別時念仏会を勤められ、独住した後83年のご生涯を静かに閉じられた終焉の地です。

また、1月27日に無量光寺にて遷化なされた真教上人ですが、現在は2月27日を二祖忌とし毎年遊行寺では、朝時の真教上人御回向、御廟のある無量光寺へ老僧や修行僧が遊行上人の名代として代参することが慣例となっている有縁の地です。

当日は本堂にて、二祖上人七百回忌のご回向を営み、引き続き本堂前にてご参詣者の皆様に法主猊下から御賦算が行われました。賦算数は178枚を数えました。

多くのお檀家様にご参詣していただいたこともあり、御賦算をする際には法主猊下自ら、言葉を交わされ非常に喜んだ様子でありました。

昨年9月より修行してまいりました「有縁の地 記念法要」の締めくくりとして、無事に御廟参拝が厳修できましたのは、無量光寺住職様、神奈川教区の方々の協力、お檀家様方のおかげであります。心より御礼申し上げます。

 

大導師 遊行74代他阿上人真円猊下
修領軒 桑原弘善
御番頭 小熊章久
相 番 髙谷大悟
布教師 矢島賢一
内近司 常盤慈人
近侍司 米山義仁

 

 

    

 

 

    

開白法要を厳修しました

2月27日(水)、総本山遊行寺本堂にて二祖真教上人七百年御遠忌 開白法要 を無事に厳修いたしました。

いよいよ10月の結願法要まで、約8カ月に及ぶ「二祖真教上人七百年御遠忌」の始まりです。

当日は14時半の庭儀式に30名のお稚児さんが参加し、我々僧侶と一緒に御番方玄関前から本堂まで行列をしました。

その後、遊行寺本堂にて、全国各地から集まった式衆と共に開白法要を修行しました。

法要後には、本堂内にて団体参拝の方々や地域からお集まりいただいた参拝者の皆様に、大導師 遊行七十四代 他阿真円猊下から御賦算が行われました。

満100歳を迎える真円猊下が、時宗本来の法式に則り二畳台に座りお勤めなさる姿には、式衆一同感銘を受け、これから修行していく記念法要へ向けていいスタートをきれた開白法要となりました。

 

    

 

 

    

 

 

     

 

二祖上人七百年御遠忌 「記念御朱印」授与始めました。

 

 

裏面がシールになっており、お持ちの御朱印帳に簡単に貼り付けることができます。

真ん中にスローガンである「なむあみだ佛は うれしきか」の文字が金色で入っており、左右には宗祖一遍上人と二祖真教上人が描かれております。

今年限定のものですので、ぜひお求めください。

御志納金は500円いただいております。