御遠忌とは

 

御遠忌とは、各宗派の宗祖の年忌を50年、100年とまとまったときに行われる法要をいいます。

時宗では一遍上人と共に二祖他阿真教上人の御遠忌法要が伝統的に行われています。

多宗派ではあまり類のないことです。時宗における二祖上人の存在の大きさと、

その御遺徳をいかに讃えているかがうかがえます。